設備紹介

お客様からの注文に応じて、一枚の鋼板から材料を切り抜き、曲げ、溶接し、立体的な製品に仕上げます。
工程一つ一つの丁寧さが、製品の仕上がりの美しさを生み出します。

それぞれの工程の加工機の特徴をご紹介します。

レーザー加工機

FOMⅡ-2412NT(アマダ)

レーザー加工機

レーザー光線を用いて金属の板を切断する機械です。
デザイン性の高い曲線の切断や、プレス加工機が
苦手とする厚板の切断などを行っています。

レーザー加工機

当社では、多くの製品にレーザー加工機を用いるため、
無人運転が可能な、パレットチェンジャー設備を
備えています。

タレットパンチング加工機

EM-2510NT(アマダ)

タレットパンチング加工機

金属の板に丸や四角等の穴を開ける機械です。
メカ式と油圧式の特徴を持ち合わせた、
ACサーボ・ダイレクトツインドライブにより、
高速で高精度な加工を行っています。

タレットパンチング加工機

金型(穴を開ける部品)の形と、
材料の位置を変化させることによって、
様々な形状の製品を加工しています。

バリ取り機

IBT-V(アマダ)

バリ取り機

レーザー加工で発生するドロス(材料の溶け残り)や
プレス加工で発生するバリ(材料の角にできる突起)を
削り取る機械です。

主にステンレスのドロスなどの人手で削ることが大変な製品のバリ取りを行っています。

バリ取りバリ取りバリ取り

タッピングマシン

CTS-900NT(アマダ)

タッピングマシン

製品へネジ締めができるように、
ネジ山を作る(タップ加工)機械です。
レーザやプレスのCADデータから、プログラムを
自動作成し、最適なタップ加工を行っています。

プレスブレーキ

HDS-5052NT, HDS-8025NT(アマダ)

プレスブレーキ

金属の板を曲げる機械です。
「ハイブリッド・ドライブシステム」(電気モーターによる
油圧制御システム)により非常に高速で、
高精度の加工を実現します。

HDS曲げ

ネットワークに対応し、曲げていく順番や方向を画面上の
図面で確認しながら作業ができるため、より精度の高い
加工を行うことができます。

YAGレーザ溶接機

PLS-P30(日本ウェルディング)

YAGレーザ溶接機

溶接の熱による歪みが少なく、外観の美しい仕上がりを
必要とする製品の溶接に用います。

YAGレーザ溶接機

線の細いレーザー光線でピンポイントに材料を溶かして
溶接を行います。当社では、多くの種類の製品を
少数製作するため、ロボットではなく
ハンドタイプを使用しています。

TIG溶接機

YC-300BP4(Panasonic)

TIG溶接機

薄板の溶接では、熱による歪み具合や作業性、
製造コストのバランスが良いTIG溶接を用いています。

TIG溶接機

フルデジタル化された、最高位機種を導入し、
高品質なアルミ板の溶接を行っています。

CO2溶接機

Welbee Inverter M350L(ダイヘン)

CO2溶接機

「はんだゴテ」のように、溶接ワイヤーを供給しながら溶接を
行うため、溶け込みが深く強度が出ます。
大型の箱など、強度を必要とする製品に用います。

CO2溶接機

フルデジタル化された最高位機種を導入し、
溶接時に発生するスパッタ(火花)を低減し、
フラットで美しい溶接を行っています。

CAD/CAM

SheetWorks for Unfold(アマダ)

SheetWorks for Unfold

3次元ソリット板金CADです。

3次元の設計CADデータより、効率的な3次元板金加工
システムを実現します。3DCADデータを受け取り、
板金加工特性を反映させて機械加工データ(CAM)の
作成を行います。

ASIS 100PCL(アマダ)

社内ネットワークで、加工に必要な情報を一元管理し、レーザー加工機、タッピングマシン、
プレスブレーキなどの機械との情報の共有化、活用化を行っています。

生産管理システム

APC21(アマダ)

APC21

受注から、購入手配、製作指示、外部発注、進捗管理、
出荷まで、一連の流れをシステム化し、
一歩進んだ管理体制を構築しています。

Sitemap ページ上部へ戻る

Copyright(c) 芝原工業株式会社